読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しばんちろぐ (序章&外伝)

基本は、2003年5月から、2004年1月頃の、昔のホムペから復元した日記。

【外伝】 英語学習の「喪中」。

  § チョ、チョット待て!
  §
 _(ニ)_  \
`/∴∵∴ヽ  \
∥ ̄ ̄ ̄∥   \
{―(゚Д゚)}  @二)二)
{ニ(ノニニ}    /
{____}   /∧∧
  ∪∪    ((∀` )
        ヽと ヽ
        (⌒) )
          ̄(_)


  § ━┓〃  ━
  §  ┃━━  ┃
  § ━┛   ━┛
 _(ニ)_   》
`/∴∵∴ヽ 《
∥ ̄ ̄ ̄∥  》
{―( ̄ ̄)@二)二)
{ニOニニ} 《
{____}  》
 ii∥i   /∧∧
⊂⊃    ((∀`/)
"∧∧ ∩  \  )
( +Д)っ|  < <、二)
と___二つ (_)

今年も、残すところあと1日。
新年を迎える準備が万端整っている方も、今鋭意準備中な方も、「これから頑張ります」な方も・・・いろいろだと思います。

そして、忘れちゃいけない、来年が「喪中」で、静かなお正月を迎えようとしている方も、少なからずいらっしゃる。

しばんちは、昨年が、喪中だった。
父は、おととし6月、「定年」を迎えぬまま逝った。
母たちはとっても寂しがったけど、私は、「父的には、思い残すことなく生き切っただろう」って思う。
その「喪中」・・・ちょっと寂しく、静かなもんだけど、楽チンな面もあるんです。
年賀状作成を気にしなくて済んだり、来客準備をしなくても済んだり。

 

西暦が変わるたびに、必ず行き会う「お正月」。
1981年(中学1年になった年)に、英語は、私の心を撃ち落とした。
英語が、私の心にホッとできる空間を作った。
英語が、日本語だとうまく言えない気持ちを、たくさんたくさん、代弁してくれるようになっていった。
自分を好きになる後押しをしてくれた先生も、英語の先生だった。
本気でその先生に肖って、同じ職業を目指して、夢ひとつかなえた。
大学で英語専攻して、教員免許取って、教員試験をひと夏で潜り抜けて、中学校に勤めた。
1991年。

 

だけど、その夢、勤め先で、破れてしまう。
「何のための教職課程?」「何のための教育法??」「現場で求められてる事と、全然違う・・・」
「生活のため」って、割り切ればよかったのかもしれない。
「教師でない素の自分の時間」をもっと強く意識すればよかったのかもしれない。
「夢かなえた、やった~~」と、喜んでしまったのが、今思えば敗因なのだけど、20年前の自分は、その辺がウブで、浅はかだったから、「現場の現実」と、「教員養成場での理想」との両方に、社会人としての初心部分を打ち砕かれた。

 

「他の仕事をして、自信を取り戻したい」と思い始めた1993年。
前年3月に、ひょんなキッカケで出会った現夫と結婚、本心は教員生活に挫折してるのに、上司・同僚達にはホントに温かく中学校から送り出していただいた。
「他の仕事」をするのは、実は、英語をもう見たくも聞きたくもなくなってしまったから
「他の仕事」をしたら、自信を取り戻せたかは不明だけど、落ち込みから抜け出すことだけは、半年くらいでできた。
オフィスワークもそこそこ楽しめて、英語と関係ない検定(日商ワープロ検定)を自主的に取った。
オフィスワークで「これから!」と思った矢先に、第1子の妊娠。
1994年2月。
そして、妊娠報告した途端の雇い止め・・・「授かったその時を大事にしなさい」ってきれいな言葉で送られたけど、今考えれば、あれは即解雇。
気持ちの踏ん切りをつけて、「家庭でがんばろう」って思うまでに、半年を要した。

やっぱ、「授かったその時」だったのか、以後、1999年まで、丸6年間、妊娠か授乳のどちらかをしていた。

 

 6年も妊婦と0歳児ママを交互にやってると、催乳ホルモン効果で、「家にいるのもいいじゃん。家庭でがんばろう」が、本能的に湧いてきた。
それはそれで、フツーーーーに楽しい時間だった。
公園も、幼稚園ママ生活前期~中期(1998~2003/03) も、いろいろありつつもフツーに楽しかったし、何かあっても「元同業者先輩ママさん」達に見守られていた。

 

その頃の「英語」は・・・・?
NHK教育テレビで流れてるのを、ちら見するだけだった。

えいごであそぼ とか、 えいごリアン・・・


でも、少しずつ、私の中の「英語の虫」が、疼き出す。
中学校辞めた時みたいに、「英語、見たくも聞きたくもない」でなくなってる。
私の前職を知った当時の幼稚園の先生が、私に、単発英語イベントを主催させてくれたりもした。
決め手になったのは、学生時代の同期との、思いがけない再会。
彼は、教員試験は失敗したのだけど、既卒ハンデを克服して、地元で名のある企業に籍を置いて活躍している。
そして、再開時、次のひとことで、私を再度英語道へと連れ出した。
2003年の、早春のハナシ。

これからの英語教員は、最低でも英検は準1以上、TOEICは730以上を持っていないと、務まらなくなっていく。
しばはすでに英検は持ってる。TOEICも揃えて、この先いつでも復帰できるように準備するんだ。

 

・・・自分の英語への取り組みを、彼に見守っていてほしい、って思った。
奇跡的確率でしか、顔を合わせられない彼に、会えなくても、telやメールなどで手間を取らせずに、彼の余暇に合わせて自分の近況を伝えるには、どんな手段を使おうか?

f:id:shibanchi310:20111025133329j:plain

(画像は、2011年初め頃のHPデザイン)

こうして、私の英語学習season 2と、ホームページ生活は、始まりました。
ブログに載せている「2003年5月5日」が、最初のHPを公開した日。
英語学習の長い長い喪が明けた日です。

 

 

 

 

 

【お知らせ】 気が向いた時のみですが、記事追加しようと思います。

f:id:shibanchi310:20120719133958j:plain

タイトルにも書きましたが、ここに「外伝」を書き加えようと思います。

「外伝」は、ホームページを始めるよりも前の私の英語学習の記録とか、思い出などを、回想をもとに綴ります。
「外伝」の記事は、現行ブログ「しばんちろぐ02」やその他の場所で回想したものをコピペるかもしれないし、ここに始めに書くかもしれないし、それはインスピレーションによりけりです(*^。^*)

今のところの予定ネタは、英検挑戦記録と、中学~高校時代の英語学習(授業の予習・復習、授業外に取り組んだ英語メニューなど)の振り返りです。

 

取り急ぎお知らせいたします。
これからも、引き続き応援よろしくお願いいたします。

 

しば

 

日記@2004/03/04 驚きの「ロイヤル英文法」 

しばんちろぐ(無印)の、一番最初の記事をコピペしてあります】

 

久々の更新です。
3/2は幼稚園のお別れ会のかくし芸ダンスを踊りきったところで力尽きました。
PC封じに英語も封じました。
先週末もPC封じはしたけれど、半端だった。
少し具合がよくなるとまたネットサーフィンに入ってしまって、すっきり治らず。
そこでおとといは英語ごと封じて、昨日も夜みんなが寝るまではPCも英語も封じていました。


今日は、先週近所の書店に注文していた「(徹底例解)ロイヤル英文法」が届いたので取りに行った。
付属の問題集はもう少し早く手に入れていたが、「本編(徹底例解のこと)と一緒に使うとさらに効果的」と問題集の説明にあったので、
セットで使うことを決めた。
まずは見て驚いた。
厚さ的に、こりゃあ辞書だ。
帯に書かれたレビューもすごい。
昨年夏のYahoo掲示板、それも低く見積もっても700超えの方向けのスレで話題になっていただけある。

さあ~~て、どう料理するか?(といってもしばは料理はめちゃくちゃヘタ)
そろえた以上、レビューを書かないと投資した意味がない。
「徹底例解」を出先に持ち歩いて、読書感覚で読む方法もある。
薄くて持ち運びに便利な問題集をいつも携帯して細切れ時間に解き、家、図書館、喫茶店、ネットカフェなど
じっとできる場所で間違った箇所を「徹底例解」で調べなおすのもひとつ。
TOEICとの兼ね合いも重要。
1月受験して2月以降体調を崩したので、今後は冬に試験(英検もかな?)を入れるのは厳しくなりそう。
でもTOEICは何とか年2回は入れたい気もする。

「感動する英語!」も捨てがたい。
が、こちらは独学用というより英語学習サークルの普段用教材候補の素材集だ。
私が担当させてもらえたらの話だが。
日頃日本語での仕事や家庭などで、つい押し込めがちな感情を英語の朗読(感情入れてだぞ)や暗誦を通して少し解放することで、
勇気や希望が湧いてくるようなプログラムをやりたいのだ。
「大学のゼミやESSドラマセクションで演じてきた戯曲の表現が、10年英語にふれなかった時を超えて、多少足りとも頭に残っている」
が推進理由だ。

半端にならないように、どちらも丁寧にこなしたいものだ。

 

 ☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡.。.:*・☆彡

 

☆しばんちろぐ(序章)@はてなブログは、ここまでで締めます。

拝読ありがとうございました。

日記@2004/02/27 二度目のTOEICの結果。

Listening 420 △75
Reading 365 ▼25
Total 765 △50


今回はリスニングに焦点を絞ってみました。
TLTSOFTで瞬時大量に聞き込む。間違ったものは正確に打ち込めるまで何度でも聞き込む。
このメソッドはひとつの結果を出せたようです。
今回はTLTのほかにPC故障中の「TOEIC730点攻略本」のリスニング部分の全文ディクテーションもあったので、聞き込み量を増やせました。
ただ、「間違った回数分何十回でも書きとる」を紙で行うと莫大なエネルギーと時間が必要だが、普段用の学習としては中身が濃くていいと思います。

そういえば、このとき「730点攻略本」から書き取った語句は、英文日記や英文ウェブ記事でも使うことができているなぁ。
TOEIC TLTも、1回合格証を出したから終了ではなく、さっさと合格証を出して、試験当日まで何度でも復習テストを繰り返すと安心。

リーディング、とくに文法は、「ネイティヴが話すとおりを選べばいい」と考えていたけれど、即答にはコツが要るのだろうか?
昨年9月も、今回も、文法のTLTSOFTは手付かずのまま。
単語・熟語も3枚すべて終われなかった(-_-;)9月はレベルAのみ、1月はレベルA,Bはクリアしたが、完全ではなかった。
聞き取れて、かつ単語そのものを知っていないと点数は伸びないんだなあ。
出先の待ち時間に「730点攻略本」の読解の部分を解いたが、戦力にならなかったみたい---それと比べて、375取った昨年9月は、文法セクションの解答にあまり迷いがなかったように思います。

日記@2004/01/25 二度目のTOEIC

2度目のTOEIC公開テスト。
1/25(日)、茨城大学にて

国際交流協会の語学ボランティア登録を目指して、「考えすぎ」なくらい入れ込んで準備しました。もちろん正月返上で、元旦から勉強しました。
朝勉を開始したのも、2度目の挑戦になるこの日のTOEICで730超えを果たしたいがためでした。この頃は、「本気で730超えたければ毎日明け方2時から勉強しなくちゃ」と本気で思っていました。

Copyright (C) 2003-2012 しば, all rights reserved.